たった2分の愚痴のデメリット

受動ストレス

周囲の人がネガティブなことを発するのを聞くと、受動ストレスを受けてしまう。

受動ストレス⇒周りの人のネガティブな感情に触れることで自分の脳に悪影響を及ぼす。

 

自分に対して攻撃してくる嫌な奴やちょっかいを出してくるやつ、面倒くさい奴はやり返すことができるので遠ざけるのが難しくない。

 

しかし、「自分がこんなに苦しんでいるんだ」「ストレスを感じてるんだ」「ネガティブなことを感じているんだ」と理解して欲しいて思い、解決するために努力してる訳ではないのに、悲劇のヒロインになろうとして、周りに対して自分のストレスを撒き散らす人は、自分の敵ではないため遠ざけることも出来ない。しかし、ネガティブなことを言われることで悪影響を受ける

⇒最も厄介な存在

 

研究でわかったネガティブな感情の影響

1993年の実験で人間の感情は簡単に伝染しやすい。

 周りの人にネガティブなことを言ってくる人が多いだけで自分の考え方はどんどん変わっていき、ネガティブになっていってしまう。さらに、表情とか物事に対する姿勢もネガティブになっていってしまう。

例えば、自分の声の高さが下がっていってしまったり、話す内容もネガティブな話題になっていってしまう。

最終的には、ネガティブな人で周囲を固めた参加者の人は、ほとんどがネガティブ思考に飲まれてしまった。

 

2004年の研究では、他人のネガティブな感情に一定期間晒された参加者は、脳の海馬の活動が有意に低下した。海馬はいわゆる記憶を司っており、物事を判断したり推察したりするようなことに使われる。そのため、海馬部分がダメージを受けること推論能力がなくなっていってしまう。

 

たった2分間ネガティブな人を見るだけでも脳の働きが低下することが1981年の研究で分かっている。

また、ストレスのかかっている人の映像を見るだけで、その人のコルチゾールレベル、つまりストレスホルモンのレベルが上がってしまう。

 

ネガティブなことを聞いたり、見たりするだけでも、自分もどんどんネガティブ側に引き込まれていったりするだけではなく、脳もダメージを受けてしまう。つまり、ネガティブなことを撒き散らすのは罪である。

 

解決策を探し出すために協力を仰ぐという目的でのネガティブな事の相談であれば、一緒に問題解決に向かうことができ、相手はネガティブなことから救われる可能性があり、自分も相手から頼られた感覚になり、互いにプラスになる。

しかし、ただ単にネガティブなことを吐露して解決を図ろうとしない人を突き放すのは自分のためになることがこれらの研究から分かる。

 

受動ストレスの大きな問題はネガティブな感情はポジティブの感情よりも感染が起こりやすい点である。

 

2003年のマサチューセッツ工科大学の研究では、ポジティブな感情よりもネガティブな感情の方が7倍も感染していく確率が高かった。つまり、少しでもネガティブな人が同じスペースにいると組織全体に広がっていってしまう。

 

目の前にネガティブな人がいなくても、画像や映像、ツイートによっても受動ストレスの害が発生するため、ネガティブなニュースやキュレーションサイトを見たり、Twitterで他人の喧嘩やネガティブツイートを見るのもメンタルには良くない。

 

短期的ストレス対策

ネガティブな感情をやる気に変換する。

 

長期ストレス対策

瞑想をすることで自分の感情から1歩引いて観察することで、自分の感情をコントロール出来るようにする。

自分の地位が高い人ほど健康的になることが分かっているので、自分の地位を上げることでストレスを感じないようにする。

 

f:id:hate_a:20190706141652j:plain